2017年09月12日

夏休みなワイン



記事を書くのがちょっと遅くなってしまいました。

8月27日、28日と遅めの夏休みをいただきました。お店に足を運んでくださった方、ごめんなさい。
さて、今年の夏は電車で海に向かい、海辺で過ごしました。
クルマでない移動は時間に制約こそあれ、飲みたいタイミングで好きなものを飲める自由があって新鮮でした。
手軽に飲める飲み物といえば、日本ではコンビニ等でも売っているビールですが、ヨーロッパなどバカンスを楽しむ文化の人々は海+ロゼ、が定番で手頃な飲み物の様です。
IMG_4219.JPG

焼きそばなどの海の家の定番メニューとマリアージュさせてみましたが、なかなか合うので今月開催される会津まつりでは出店の焼きそばと合わせてみてはいかがでしょう?
シャンパンのロゼなどでなければ、当店では千円台で美味しいものが手に入りますよ。

写真のロゼは、避暑地として有名なプロヴァンス(南フランス)産のロゼ(非発泡、スティル)です。

IMG_4259.JPG
posted by マスター at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | メルモンドワイン案内

2016年12月20日

クリスマスパーティーを華やかにしてくれるワイン!

今週末はクリスマスですね〜。会津葡萄酒倶楽部では、聖なる夜を一人静かにグラスを傾けながら過ごす、親しい数人で語り合う…といったヨーロッパ風な過ごし方を楽しむことができますよ。

さて、お家でのんびり、家族団らんのクリスマスを過ごす方に、エチケットが華やかで、お料理とのマリアージュもバッチリなスパークリングワインの紹介です。

スペイン産、BACH(バック)というcavaです。

IMG_3233.JPG 


淡く感じられるハチミツとリンゴの香りとエレガントでスッキリとしたボディ。
細やかで上品な泡が立ち上がる様子は、クーゲル(クリスマスボール)のようです。
柔らかな個性は、オードブルやチキンにも寄り添い、食卓を彩ってくれることでしょう。

勿論、一階メルモンドで購入し、持ち込んでもOK。意外なフードとのマリアージュをご案内させていただきます。
posted by マスター at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | メルモンドワイン案内

2016年05月04日

会津のお土産にワインはいかが?

今年はゴールデンウィークが長い人は10連休、週の後半は天気に恵まれる、など旅行日和ですね。桜の季節は終わってしまいましたが、鶴ヶ城や飯盛山などは県外からのお客様がたくさんお見えです。
さて、知人・親戚の方へのおもたせに、御使い物に(又はたまたまブログにおいでの観光客の皆様)会津でのお酒のお土産と言えば真っ先に日本酒が思い浮かびますが、ちょっと一捻りして、今回はワインのお土産というのはいかがでしょう?

フルーツ王国福島、というくらい福島は様々な果物が取れますが、会津若松市の隣町、会津美里町の新鶴地区ではワイン用のブドウを栽培しています。
新鶴で採れたブドウは徹底した管理で収穫量を抑えて品質を保ち、スパークリングワインはシャルマー方式、スティルワインはオーク樽での熟成を経て出来上がります。

販売しているものは2種類、左がスパークリングワイン、右がスティルワインのシャルドネです。どちらも在庫ございます。
「新鶴のあわ」はトロピカルな香りとスッキリとした味わい、ミネラル感が特徴で、食事のマリアージュの幅が広がります。
「新鶴シャルドネ」は、オーク樽での熟成を経てワインとなった、しっかりとした骨格の辛口白ワインです。会津地鶏とのマリアージュがよく合います。

image-32a74.jpeg
posted by マスター at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | メルモンドワイン案内

2016年01月21日

お鍋のお供に、ドイツの新酒はいかがでしょう?

今日は大寒です。日本ではおでん、水炊きなど、ヨーロッパでもスイスのチーズフォンデュやハンガリーのグヤーシュ(ハンガリー風ビーフシチュー)、スペインのコシード(パスタ入りポトフ)など、聞くだけで温まりそうなメニューをいただく時期ですね。

さて、今日ご紹介するのは、和風、欧風どちらの鍋にでも合うワインです。
ドイツの新酒、ディア・ノイエ(DerNeue)。

image-a44a4.jpeg

Neueは英語だとNew。新酒だということがわかりやすい表記ですね(笑)。

ドイツ国内のブドウ栽培の25パーセントを占めるワインの産地、ラインヘッセンのミュラー種の白ワイン。甘美な香りを紐解けば、ピーチの様な果実の香り、蜂蜜の香り、フローラルな香りが広がり、柔らかな口当たり、そして後にひかない爽やかさ。
食事に寄り添う大和撫子のような奥ゆかしさは、温度の変化も楽しめる味わいなので、鍋と同じテーブルに置いて団らんしながらいただく一本にぴったりです。


posted by マスター at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メルモンドワイン案内

2015年10月05日

きのことトラミネール

会津は秋真っ只中です。
内陸の都市なので、戻り鰹やサンマより、店頭にきのこがお手頃に、様々な種類並んでいるのを見ると秋を感じたりするのです。
芋煮会なども行われていますね。

さて、そんな秋の味覚キノコと合わせたいワインがゲヴュルツトラミネール。
「ゲヴェルツ」というのはドイツ語で、「Gewürz」つまり、香辛料とかスパイシーな、という意味で、単純にトラミネール、と呼んだりします。

涼しい夜にゆっくりと熟すことで個性が最大限に現れ、辛口ながら極めてアロマティックなワインです。

この品種は、現在はドイツの国境にほど近いフランスのアルザス地方で多く作られ、いろいろなタイプがあります。
すべて辛口表示ながらも、ライチのようなみずみずしい甘味を持ったものや、ミネラル感を全面に感じながら苦味を感じる辛口のもの、強い芳香を放ち、コクがしっかりとした味わいを持つタイプや、香り豊かな割に軽い口当たりで繊細な料理の邪魔をしないタイプなどが楽しめますよ♪

どんな品種も、シャトーや畑など、違った味わいを楽しみたいですね(^-^)

キノコは香りが豊かなので、華やかな香りのワインを合わせると相乗効果が生まれます。
ワインの味わいがまろやかで、果物のような香り、しっかりとした個性をもちながら繊細…そんなゲヴェルツトラミネールはキノコに合います♪
旬の食材、シンプルにバターソテーやゲヴェルツトラミネールの白ワインの酒蒸しなどで召し上がってみてはいかがでしょう?

トラミネールだけで楽しみたい方にはチーズとのマリアージュを!!

ドイツとの国境付近にあり、現在のドイツに当たる神聖ローマ帝国の領土だった歴史‥
ドイツとフランス2つの国にの間を行き来した土地‥
現在のフランス、アルザス地方の代表葡萄品種で、やや濃い色合いを特徴とし、強い華やかな香りと豊かな果実味と力強い味わいを爽やかな酸が引き締めてくれる味わいには、ウォッシュチーズの【マンステール】の相性が抜群。
名前の通り、熟成が進み過ぎないようにチーズの表面を水やアルコールなどで洗い、繁殖中の菌の強い分解力を調整するためにも、洗われて作られるチーズで、納豆を発酵させる菌と、ウォッシュチーズの菌は仲間なのです!
何となく味わいが想像出来そうですね(^^;


image-bd721.jpeg
(写真は当店でお求めいただけるトラミネールです)
posted by マスター at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | メルモンドワイン案内

2015年05月02日

今年の春は・・・・

ごきげんようるんるんご無沙汰しておりましたわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

みなさまは、いかがお過ごしでしたか? 
健やかにお過ごしの事と思います


新年を迎えたと思ったら、雪の季節から桜の季節・・・
あっexclamationっと言う間にゴールデンウィークon
ここ数日は真夏日のような暑さ晴れ
今日の予想気温は30度って・・・・
過ごしやすい、大好きな季節かわいい春は何処にふらふらexclamation&question
でも、会津観音様の辺りはまだ春の風景ですねぴかぴか(新しい)20120501.jpg20150501-2.jpg

しかし、こう暑いと気分はバーベキューかな手(チョキ)
バーベキューと言えば『肉exclamation×2』ですよね
肉と言えば『黒ワイン』exclamation×220150501-3.jpg
カリフォルニア/ソノマ産
【肉専用黒ワイン】 カーニヴォ 
カーニヴォとは、肉食動物や肉を食べるのが大好きな人の事を言うらしく
オークから由来するはっきりしたトースト香と、エスプレッソやチョコレートを思わせる完熟したブドウを感じられる。程よいタンニンと、余韻の長いスムースな口あたり。複雑な構造が限りなく深い色調を造りだしている。 熟成肉、鉄板焼き、焼肉、あらゆる肉との相性が抜群な
カベルネ・ソーヴィニヨン種、メルロー種、プティ シラーズ種で造られたワイン。

バーベキューには、もってこいのワインですねNEWひらめき









posted by マスター at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | メルモンドワイン案内

2014年07月21日

シークレット?!

シークレットと言う名のワインexclamation&questionをご存知ですか?
フルネームは、エイリアス/シークレット・エージェント・レッドぴかぴか(新しい)
Alias_RED_NV_Front-300x271.jpg    
「エイリアス」は別名、偽名、匿名という意味があります。
その名の通り、各有名ワイナリーに所属するワイン職人8名が名前を伏せて結集し、
芸術品のような価格で販売されている「カルトワイン」に対抗して「エイリアス」という、
いわば“庶民のカルトワイン”を造りあげました。
彼らは本職で、それこそカルトワインを含めた上質なブドウ畑を管理しているのでそれらの
ブドウを使って造られた可能性は存分にあります。ただ、彼らが、どこに属している誰で、
どの畑のブドウで造ったかは、トップ・シークレット。それらが明らかになると、この「エイリアス」
は造れなくなってしまうのです。この話が本当か嘘かは、一舌瞭然。飲めば分かります。
必ず分かっていただけます。この品質のワインを、無名の人間が無名の畑から、造れる
わけがありません。論より証拠で、すでにこのエイリアスは
2013 WORLD VALUE WINE CHALLENGE 91点(卓越評価)
2013 WORLD WINE CHAMPIONSHIPS AWARD 金賞
を、それぞれ受賞しているワインなのですぴかぴか(新しい)

「エイリアス」F1000066.jpg




posted by マスター at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メルモンドワイン案内

2012年11月15日

本日、ボージョレーヌーヴォ解禁!

今年のボージョレーヌーヴォは・・・
100年に一度の不作の年ふらふらあせあせ(飛び散る汗)
と言われていますが、、、、、、、
逆に自然間引きされた状態で次項有
小粒で凝縮されたぶどうが造られましたるんるん
 
そんな、ボージョレーヌーヴォ・・・
20121125.jpg
昨年よりも、多めの入荷だったのですがグッド(上向き矢印)
解禁日の午前中に完売演劇あせあせ(飛び散る汗)
その後も・・ボージョレーヌーヴォをお求めに多くのお客様がいらしたのですが
大変申し訳なく・・ふらふら

さて、17時からはボージョレーヌーヴォ飲み放題exclamation×2
10Lが4本・・・ 
間に合うかなあせあせ(飛び散る汗)






posted by マスター at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | メルモンドワイン案内

2012年02月08日

特別なバレンタインワイン!

入荷は年一回、
MY LOVE   マイ・ラブ
!cid_C1D43BCE3BC84A77807B06F35F5E3437@TAKABE.jpg
価格:2,730円 


「感謝の言葉をワインに託して」
ラベルの空白にメッセージが入れられるオリジナル・ギフト「マイラブ」
何もないところからネゴシアンを立ち上げ、ゴーミョーや
ラ・レヴュー・デュ・ヴァン・ド・フランス等で注目すべき新人
プロヴァンスを変える仕掛け人としてフランス・ワイン界を賑わわせ
近年畑も購入しドメーヌとしても活躍しているデュペレ・バレッラ。
その道のりは決して簡単なものではなかったものの、
常に夫婦二人一組で困難を乗り越えてきました。


!cid_825A3D7131374C77B7BB0E633034594B@TAKABE.jpg
「デュペレ」はエマニュエル(左)の
「バレッラ」はローラン(右)の苗字を合わせて
ワイナリー名にしているところにもその姿勢は伺えます。
支えあい、いつくしみ合う恋人たちや夫婦がワインを飲みながら
幸せな時間を過ごして欲しいという想いから生まれたワインです。

DUPERE BARERRA(デュペレ・バレッラ)フランス・ローヌ地方

夫ローラン・バレラ氏は、もと地質エンジニアという経歴の持ち主で
地質に関してのプロフェッショナルです。
そして妻のエマニュエル・デュペレは葡萄栽培・醸造学をプロヴァンスで
更にワインコマースをボルドーにて学んだカナダ人の女性です。

元来ワイン好きのエマニュエルとローランはカナダで出会い
そしてプロヴァンスで1番美味しい赤ワインを作ろうと決意しました。
その後、ワイン醸造をプロヴァンスで学び、造り手への道へと転換を図り
1997年に『デュペレ・バレッラ』が誕生しました。

デュペレ・バレッラのワイン造りで象徴的なのが
「DRCより樽を譲り受けてワインを造る」
という一見キャッチーなフレーズですが
DRCより樽を譲り受けているのは
デュペレ・バレッラの「ピュアな果実味」を表現する為の
並々ならぬこだわりの他なりません。

デュペレ・バレッラはワイン造りにおいて
葡萄の味わいをストレートにワインに表現する事に
最も重きをおいております。

その為、ワイン造りには機械を持ち込まない等
徹底したこだわりがあります。
そしてDRCやイケム、ボーセジュール・ベコ等
「一流生産者から使用樽を譲り受ける」
というのも、そのこだわりの一つです。

果実味をピュアに表現出来る様に
新樽の使用を控えているのですが
どんな使用樽でも良い訳ではありません。

一流生産者に納入される一流の樽だからこそ
納得のいくワイン造りができる。
だからこそDRCやイケム、ボーセジュール・ベコ等なのです。
しかしDRCから使用樽を簡単に得られたわけではありません。

何度も何度も手紙を送り続け、ようやく面会が許され
「なぜDRCの使用樽が必要なのか?」等の質問を始め
100以上にわたる細かい質疑応答が繰り返され
デュペレ・バレッラのワイン造りの哲学がDRC側に認められた為
使用樽を譲り受けられるようになったのです。

世界中のワインの頂点に立つDRCに
ワイン造りが認められたということは非常に注目すべき点です。



【マイ・ラブ使用例@-キスマーク】
お酒漫画の傑作『BAR レモン・ハート』より

20年に渡り毎回、ウイスキー、ブランデー、バーボン、リキュール
スピリッツなどの一般的な洋酒を始め、ワイン、ビール、日本酒
焼酎、中国酒など様々なお酒を紹介する人気漫画
「BARレモン・ハート」で紹介されました。
!cid_C5EDEE5B57CE47EBA9F7C6FACC387341@TAKABE.jpg
作中では
『贈られてドキドキの、ロマンチックなワインというのが
売りだが、飲んでもなかなか美味しい。』と紹介されております。

<マイ・ラブ使用例A-メッセージ>
空白部分にメッセージを入れて
オリジナリティ溢れるワイン・ギフトに。
!cid_3FCC493E0CD44092B19614115637CBE1@TAKABE.jpg
画像のボトルは前ヴィンテージの為キャップシール等が異なります


ご利用シーン
「バレンタインデー」、「ホワイトデー」、「誕生日」、「母の日」、「父の日」 etc…


ワイン名欧文:MY LOVE 2010
ワイン名和文:マイ・ラブ

!cid_C1D43BCE3BC84A77807B06F35F5E3437@TAKABE.jpg
生産者名欧文:DUPERE BARRERA
生産者名和文:デュペレ・バレッラ
生産地:フランス プロヴァンス
原産地呼称:VIN DE PAYS DU mont−CAUME
 
品種:ムールヴェードル60% カリニャン40%
    
(醸造・熟成)
100%除梗。ステンレスタンクにてアルコール発酵後、4週間の浸漬。
ピジャージュ、ルモンタージュおよびデレスタージュを組み合わせて抽出を行います。
12カ月間大樽にて熟成後、ポンプを使わず重力によって瓶詰。
瓶詰めの際に清澄は行わずフィルターも使いません。


(その他特記事項)
葡萄の収獲地はAOCバンドールのエリア内ですが
自由な発想でワインを造りたいという思いから
バンドールの規定(ムールヴェードル50%以上、15カ月以上の熟成)にはこだわらず
ヴァン・ド・ペイとしてワインが造られております。



年1回のみ入荷の特別なワインで 素敵ぴかぴか(新しい)なバレンタイン黒ハート
にしてくださいねわーい(嬉しい顔)
posted by マスター at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | メルモンドワイン案内

2011年11月11日

ボージョレーヌーヴォー解禁まで後、6日!!

イタリアの【ノッヴェロ(新酒)】に続き
本日exclamationドイツの【ディア・ノイエ(新酒)】が入荷exclamation×2
 
位置情報ドイツ・ライン地方の地ワイン
Der・Neue ディア・ノイエ
ロマノス・ケラーレイ ディア・ノイエ 
ノッベロ 2011.jpg

ドイツ一番搾りの白ワインです!
ミュラートゥルガウ種主体の甘さを抑えたフレッシュな味わいぴかぴか(新しい)
フルーティでエレガントな酸味で口当たり優しい癒し系ワインですムード
甘さ抑え目なので洋食はもちろん和食、おせち料理などにも最適でするんるん
posted by マスター at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | メルモンドワイン案内

2011年11月07日

いよいよ後10日で解禁!!

一年に一度だけ飲めるワイングッド(上向き矢印)
NEWボジョレー・ヌーヴォーが、
来週、解禁解禁となりまするんるん

ボージョレー・ヌーヴォーより一足早くダッシュ(走り出すさま)
イタリアの新酒ノッヴェッロが解禁になりましたexclamation×2

南イタリア、プーリア州の
『フォウド・モナチ・プリミティーヴォ・ノヴェッロ・サイレント』が入荷exclamation×2
2011ノヴェロ.jpg
イタリアのブーツのような地形のかかとにあたる部分にある
プーリア州の代表的な葡萄の品種、プリミティーヴォ種で造られた新酒exclamation
スミレ色を帯びた濃いチェリーのような色彩、
フルーティーさとコクを感じる味わいが心地よい新酒ですムード
数量限定ですので、お早めにですわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


posted by マスター at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | メルモンドワイン案内

2011年08月24日

暑さが戻ってきました・・・

先週の後半頃から、
涼しくなり朝方は肌寒いぐらいだったのに
また暑くなってきましたあせあせ(飛び散る汗)
今日は30度をこえる暑さに。。。。
この寒暖の差に体調も・・・・・・・ふらふら


でも、暑さに負けずパンチ
暑かったら暑いなりに楽しむ気持ちで頑張りたいですね晴れ
暑い日には、ミネラル感のあるワインですよねグッド(上向き矢印)

そんなミネラル感を持つワインが
先日入荷exclamation×2
ドイツ帰りの甲州種exclamation&question
山梨県から2002年秋に日本の代表する白ワインの葡萄品種の
甲州種の苗木(根の付いていない葡萄の木)500本がドイツ・ラインガウへ旅立ち
ドイツのベルナー種を台木にし接木された244本の苗木が生まれましたひらめき
2005年に初の収穫がはじまり・・・
2007年には、いいワインが出来る!と確信し
2008年には、実にエレガントな仕上がりに
そして・・・
2009年、例年より収穫を遅らせ11月18日に収穫、
葡萄が樹上で凝縮度を高めるために期限を延ばした事により
完熟した葡萄から生み出される複雑なフルーツのアロマを持つワインが造られましたぴかぴか(新しい)
 その名は・・・・・
ラインガウ甲州 ミッテルハイマー・エーデルマン2009
ラインガウ 甲州.jpg
アロマテックな味わい
トロピカルフルーツの香り高く、しっかりとした酸と
しっかりとしたミネラル感が奥深い味わいの印象に、
熟成の期待が楽しみなワインでするんるん
タイプ       白のスティルワイン(発砲の無いワイン)
地域        ドイツ・ラインガウ地方
畑         0.23ha
収穫年度      2009年11月18日
葡萄品種      甲州種100%
収穫方法      手摘み
収穫量       11hl/ha
年産本数      340本
容量        750ml
アルコール度    10,56%
原産地管理呼称    QbA
小売価格      8,000円(税別)

posted by マスター at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | メルモンドワイン案内

2011年07月14日

巨大生物出現!?

昨日、西の空に・・・・・・・・・・・・・
巨大生物の形をした・・・・
雲がわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
20110713.jpg
何となく愛嬌があるような・・・雲曇り


次項有ふわっとした次項有白い次項有次項有シャンパンひらめき
などと連想をするのは自分だけでしょうがわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)


シャンパーニュ地方モンターニュ・ド・ランス地区にある
シャルドネの銘醸地ドレパイユ村の南南東に面したなだらかな斜面にある
12haの畑で造られたぴかぴか(新しい)
CHAMPAGNE
VINCENT・CARRE’・BRUT
             PREMIER・CRU
【シャンパーニュ・ヴァンサン・カレ・ブリュット・プレミアム・クリュ】
ヴァンサン・カレ・ブリュット.jpg
光沢のある黄金色にほのかに緑が感じられる色合い
グレープフルーツなどの柑橘類のアロマを中心に多くの高い香りを持ち
青りんごのニュアンスも感じれる繊細で余韻の長い
シャルドネ85% ピノ・ノワール15% を使い
造られた、A.C.シャンパーニュ位置情報

巨大な雲を眺めながら飲みたかったな〜ムード
posted by マスター at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | メルモンドワイン案内

2011年07月11日

連日の暑さ・・・・

いかがお過ごしですか?
本日、梅雨明けしたみたいですね目
今日も、30度オーバーの暑さが続いてますふらふらあせあせ(飛び散る汗)

東の空を見れば・・・・
20110711-4.jpg
完全に、夏の雲ですよね〜晴れ

で、北の空は・・・・
20110711.jpg
雲が流れてきた感じで・・・・


西の空は・・・・
20110711-2.jpg
雨雲、出現exclamation×2
雨降りになりそうですね〜雨
ラジオでは大雨警報とかと言っていたような〜
また、ゲリラ豪雨襲来かな・・がく〜(落胆した顔)

しかし・・・・・暑いあせあせ(飛び散る汗)
こんな暑い日にはひらめき

今年も限定入荷の
夏限定ワインはいかがですか〜ぴかぴか(新しい)

夏の限定ワイン!
【レ・ヴァカンツェ・シャルドネ・フリッツァンテ・デル・ヴェネト】
[レ・ヴァカンツェ・シャルドネ・フリッツァンテ・デル・ヴェネト].jpg
(レ・ヴァカンツェ)は、英語に直訳するとバカンス。
喉を潤おすかのようなクリーミーで絶妙の刺激を放つ泡を楽しめ、
シャルドネの美味しい果実味が満喫できる、素晴らしいパフォーマンスを持ったフリッツァンテるんるん
フリッツァンテ とは、ガス圧が1〜2.5気圧と通常のスプマンテ(3気圧以上が規定)よりも
弱いスパークリングワインに対して付けられる名前でブドウの旨味を感じながらやや弱めの
クリーミーで絶妙の触感を持つ泡とともに堪能する、まさに魚料理とともに満喫するには持ってこいの発砲性ワインです手(チョキ)

posted by マスター at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | メルモンドワイン案内

2011年01月23日

コーヒーのニュアンスが感じれるワイン!

カフェカルチャー.jpg



降雪も少し小康状態のようですが・・・
裏通りには、まだ雪、雪、雪。。。。。。
今日の休みも雪片付けに頑張っている方もいますあせあせ(飛び散る汗)
会津若松の除雪費が底をつきかけているように、
体力も底をついてしまいそうですね〜ふらふら
インフルエンザも流行していますし、睡眠&栄養をしっかりとって乗り切りましょうねぴかぴか(新しい)

疲れた体に、コーヒーの香りと味わいのワインはいかがですか?
南アフリカのワイン(カフェ・カルチャー)
その名のとおり!
コーヒーやチョコレート、カカオの香りがはっきりわかるワインです!
香料などは一切使用せず、
ピノタージュ由来のブラックベリーやカシスのアロマと共に、
モカやカカオの芳ばしい香りが感じられます。
技術力を駆使して編み出した特殊製法による華やかなモカやコーヒーの香り
と味わいがするピノタージュ種100%のフルボディのワイン手(チョキ)
時間をおくとやわらかな味わいと、良いバランスが感じられますかわいい
ゆっくりと時間をかけて味わい、
また、明日から頑張れるとよいですねるんるん
posted by マスター at 17:08| Comment(1) | TrackBack(0) | メルモンドワイン案内

2010年11月28日

ボージョレーヌーヴォ、訳あり入荷!

2010オージュヌーヴォ3.jpg2010オージュヌーヴォ2.jpg2010オージュヌーヴォ1.jpg













ボージョレーヌーヴォの解禁から約1週間・・・・
先日、名門ネゴシアン、オージュと
1986年世界最優秀ソムリエ、ジャン・クロード・ジャボン氏が
厳選するオージュ社のボジョレー・ヌーヴォーが入荷exclamation×2
某問屋さんにて過剰在庫になってしまらしく・・・・
現品限りの完璧赤字価格での入荷あせあせ(飛び散る汗)

で、さっそく昨夜は試飲名目での一人飲み・・
今年のヌーヴォは少し酸味が強いイメージがあったのですが・・
オージュのヌーヴォは、ほどよい酸味で柔らかな味わいの好印象るんるん
冷蔵庫の中の物からヌーヴォに合いそうな肴を物色し
味噌ラーメンのタレが残っていたので味噌ラーメン風の野菜たっぷりスープ
と、シューマイグッド(上向き矢印)
良い感じでヌーヴォがすすみわーい(嬉しい顔)
口直しと・・再度冷蔵庫を物色あせあせ(飛び散る汗)
片隅で出番なし状態の、なめ茸を発見ひらめき
なめ茸に胡麻油を1〜2滴の、この味わい・・・・・・・
合う〜〜〜〜かわいい感じぴかぴか(新しい)
などど、飲んでいたら結局1本空けてしまいました。。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

posted by マスター at 14:14| Comment(1) | TrackBack(0) | メルモンドワイン案内

2010年11月22日

2010年甲州にごり新酒、入荷!

2010甲州にごり.jpg2010 甲州.jpg20101221.jpg













今年のボジョレーヌーヴォは2日間で完売御礼!!
大変ありがとうございましたグッド(上向き矢印)わーい(嬉しい顔)
12月中旬頃には、ボジョレーヌーヴォ船便が入荷いたしますexclamation
只今予約を受け付けておりますが・・・・・
入荷本数に限りがありますので、早めのご予約をお願いいたしますあせあせ(飛び散る汗)


先週は、酒折ワイナリーの甲州にごり新酒が入荷しました!
先日、早々と晩酌ワインとしてスーパーのタイムセールのお寿司と・・るんるん
キリッとした酸味、ほのかな甘味が酢飯の酸味と甘味と好印象ぴかぴか(新しい)
次の日は、お土産で頂いたサッポロの味噌ラーメンと・・るんるん
味噌ラーメンのコクにも負けないぐらいのにごりのコクはさすがですぴかぴか(新しい)
しっかりしたボディの、香味豊かな味わいと醸し出す八幡地区の葡萄と、
キリッとした酸味の、爽快でフルーティな味わいを醸し出す穂坂地区の葡萄で
造られた味わいは・・・
豊かなコクを持ちやさしい味わいながら、スッキリとした酸味で軽快な味わいに仕上がってますexclamation×2
いまの時期しか飲めない、この味わいを持つワインおすすめですわーい(嬉しい顔)手(チョキ)
posted by マスター at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | メルモンドワイン案内

2010年11月15日

ドイツの新酒&南フランスの新酒入荷!

2010ノヴェロ.jpg


ドイツの新酒 デァアノイエ 13日に入荷グッド(上向き矢印)
今年のディアノイエは、
昨年の味わいから比べると、より辛口のスッキリとした
みずみずしいタイプに仕上がっていた感じですひらめき

で、本日入荷は南フランス(ガイヤック地方)で造られた
ヴァンドペイヌーヴォexclamation
高品質のガメィ種を生産しているラパスタンのワインぴかぴか(新しい)
ボジョレーヌーヴォよりも1ヶ月も早い解禁の為
船便での入荷で、ボジョレーヌーヴォと比べると
すごー(長音記号1)くお財布にやさしいヌーヴォですわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
ヌーヴォの製法マセラシオン・カルボニック特有の
バナナの香りと心地よいチャーミングな味わいを特徴とした新酒です手(チョキ)

どちらも数に限りがあるワインです次項有お早めにexclamation×2
posted by マスター at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | メルモンドワイン案内

2010年11月10日

11月・新酒ワインの季節です!!

2010 ノヴェロ.jpg

2010 国産新酒.jpg


いよいよ、
来週の木曜日
ボジョレーヌーヴォ
解禁るんるん演劇

その前にひらめき
日本の新酒ワインとイタリアの新酒ノヴェロが入荷してましたexclamation
フレッシュな甘口を得意とする日本の新酒ワインかわいい
柔らかで、しっかりとコクを持つ南イタリアの新酒ワインぴかぴか(新しい)
それぞれ、好みに合わせて楽しめればすべて素敵なワインですムード

さて、来週の木曜日に解禁となるボジョレーヌーヴォNEW
ここ数年の毎年の評価コメントをのぞいてみると目

《ここ数年のボジョレーヌーヴォの評価コメント!》

1995年【ここ数年で一番出来が良い】
1996年【10年に1度の逸品】
1997年【1976年以来の品質】
1998年【10年に1度の当たり年】
1999年【品質は昨年より良い】
2000年【出来は上々で申し分のない仕上がり】
2001年【ここ10年で最高の出来】
2002年【01年を上回る出来栄え】【1995年以来の出来】
2003年【100年に1度の出来】【近年にない良い出来】
2004年【香りが強く中々の出来栄え】
2005年【ここ数年で最高の出来】
2006年【昨年同様良い出来栄え】
2007年【柔らかく果実味が豊かで上質な味わい】
2008年【豊かな果実味と程よい酸味が調和した味わい】
2009年【50年に一度の出来栄え】

まとめてコメントを見てみると少し理解に苦しむ点も・・・・あせあせ(飛び散る汗)
今年の、最終的なコメントはいかにexclamation&question

な〜んて考えてるより、
今年の味わいを素直に味わい幸せな気持ちに〜ですねわーい(嬉しい顔)手(チョキ)




posted by マスター at 15:28| Comment(1) | TrackBack(0) | メルモンドワイン案内

2010年10月26日

2010年ボジョレーヌーヴォ第一報!

BEAUJOLAIS NOUVEAU 10 Communique de Presse  Vol.05
【ボージョレーワイン委員会】
ボージョレーにおける2010年ヴィンテージの傾向 収穫後第一報!
【2010年10月12日付けボージョレーワイン委員会プレスリリースより】
太陽のもとで収穫は終了、
果実味豊かで、滑らかでバランスの取れたワインボージョレーの12のAOC
(ボージョレー、ボージョレー・ヴィラージュ、クリュ・デュ・ボージョレー)の
2010年ヴィンテージの特徴をより正確に把握するためには、まだ数日待つ必要があるだろう。
収穫は9月13日に始まり、10月6日頃に終了した。今年の収穫時の天候は理想的であった。
日照に恵まれ、わずかに涼しかったために、ぶどうの成熟は規則的に進み、
畑の衛生状態もとても良く、生産者は天候の恩恵を最大限に引き出すために、
収穫を数日遅らせることができた。
タンクの中では、醸造の第一段階であるアルコール発酵が終了したばかりで、
マロラクティック発酵が始まっている。
「最初の果汁は、ワインがとてもアロマ豊かで、色が濃いことを示している」と、
Sicarexの技術取締役であるベルトラン・シャトレ氏は説明する。
ヴィルフランシュ・シュール・ソーヌにある研究所で、ボージョレーのぶどうの研究を行っている。
並外れて素晴らしかった2009年ヴィンテージの後、2010年のキュヴェは、 
将来有望であることをすでに予測させる。
2010年ヴィンテージには、繊細さと力強さの中に、際立った
果実味(キイチゴ、カシス、スグリ)が支配的な、ガメイ種の典型的な特徴が見られるであろう。
今年は11月18日(0時)に2010年ヴィンテージの詳細が明らかになる。
との事。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

いよいよ、23日後・・・
今年は今年のヌーヴォを純粋ぴかぴか(新しい)に楽しめたら良いですねるんるん
posted by マスター at 14:59| Comment(1) | TrackBack(0) | メルモンドワイン案内