2012年10月31日

今年のボージョレーヌーヴォは?

Inter Beaujolais からのプレスリリース より
                                 2012年10月12日

2012年ヴィンテージ
心地よく、偉大なフィネスがあり、アロマの複雑さが見事なワイン

ボージョレでは9月末に収穫が終了した。収穫期間は3週間近くに及んだこととなる。
今年は、フランスの大半の産地でそうであったように、ボージョレでも変りやすい天候(霜、雹など)に対応しなければならなかった。様々な天候上の問題により、収穫量はとても少なくなる。
2012年の収穫量は、例年の約半分の400,000Hl程度となる見込みである。

しかしながら、品質は約束されている!

ぶどうの成熟は全般的に、良い条件のもとで進んだ。ぶどう畑は、良い衛生状態が保たれた(風、涼しさ、暑さ、9月の最初の10日間は雨が降らなかった)。生産者が頻繁に畑に行き、畑の状況を注視していたため、そして収穫直前と収穫中の天候が穏やかだったために、よく熟した健全なぶどうを収穫することができた。

現在、発酵が終わりに近づき、醸造が終わろうとしている。このヴィンテージの最初の試飲では、ワインはエレガントで輝く色を持ち、アロマの見事な表情が感じられる。
「2012年ヴィンテージは、心地よく、偉大なフィネスのあるワインで、テロワールによりますが、まずまずのボディがあり、どれも滑らかで丸く、ボージョレワインらしい果実味があり
タンニンは繊細で完璧に溶け込んでいます。これがストラクチャーと味わいの長さをもたらしています」
2012年のワインは、
将来有望であることが予測され収穫量が少ないためにめったに楽しめない喜びとなる可能性がある。しかし消費者は、ボージョレの素晴らしい
三部作である2009、2011、2011年のボージョレワインを再び楽しむことができるであろう。

11月15日 午前零時、2012年のボージョレワインの果実味をぜひお楽しみください。

                           inter Beaujolais                                lima Condy


で、ボージョレー地方では・・・
ヌーヴォー用の原料確保のため大手ネゴシアン間で繰り広げられる熾烈な葡萄調達合戦もあったらしいですわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

今年のボージョレーヌーヴォも楽しみですね〜るんるん

しかし・・・
今年は10月中旬からボージョレーヌーボの予約が殺到しあせあせ(飛び散る汗)
13種類の入荷新酒で完売のものや、残りわずかのものも。。。。。
ボジョレー地方の葡萄調達合戦のように、当店でもヌーヴォーワインの調達合戦かなexclamation&questionわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

お早めのご予約をお待ちしておりますNEWぴかぴか(新しい)

posted by マスター at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | メルモンド 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59689256

この記事へのトラックバック