2017年07月29日

丑の日のうなぎには…



今年は二回の土用の丑の日があるそうです。1回目は7月25日にありまして、2回目は8月6日とのこと。


魚といえば白ワインですが、うなぎはその味わいの相性から赤ワインと合わせることが多いです、特にシラー種と。
これはシラーの取れるローヌ地方でうなぎを食する文化があるから。マトロートと呼ばれる川魚(うなぎ、鯉など)の赤ワイン煮が好んで食されています。

でも、シラー種って日本で買うにはフルボディが多く、日常使いしづらいんですよね…
デイリーワインの感覚で、家族で囲む土用の丑の日のうなぎをつまみに晩酌できるワインはないかと探していたらありました。
チリのピノ・ノワール、「Luis Felipe Edwards(ルイス フェリペ エドワーズ)」

IMG_4147.JPG
IMG_4149.JPG

お手頃な価格、ライトボディながら、蒲焼のたれの甘みや山椒のピリっとした刺激ともマリアージュする柔らかな味わい。
2回目の丑の日のお供に、是非合わせていただきたい一本です。
もし余ったら…スタミナ満点、レバニラ炒めなどにも合いますよ。


IMG_4150.JPG
posted by マスター at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | メルモンド 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180481593

この記事へのトラックバック