2017年07月06日

お日市の食べ物とのマリアージュ

「おんばさま」を皮切りに会津若松の夏の風物詩、「お日市」が始まりましたね。

ワインといえばフランス産やイタリア産などのイメージが強いからか、改まって飲むもの、という印象を持たれる方も多いのですが…
ヨーロッパでは日本のビールや日本酒のような価格設定、TPOで飲まれることが多く、手頃なワインは日頃食べている和食やファストフードにもよく合います。
今日はそんな中から、日本のファストフード「お好み焼き」「たこ焼き」とのマリアージュワインのご紹介です。

IMG_4117.JPG
ランブルスコ・ロッソ・アマービレ(donelli社)。イタリアのエミリア・ロマーナ州で作られる微発泡の赤ワインです。
ランブルスコ種から作られ、ソースとの相性が抜群で、特におたふくソースとのマリアージュはスパイスの香りのあるdonelliとバッチリ。
また、クープグラスで頂くと甘さが抑えられ、イチゴの風味が広がります。こちらは牛串との相性バッチリ。
夕涼みをしながらワインと露店の食べ物…夏休み前のちょっとした非日常を味ってみませんか?

posted by マスター at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | メルモンド 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180266007

この記事へのトラックバック