2015年10月05日

きのことトラミネール

会津は秋真っ只中です。
内陸の都市なので、戻り鰹やサンマより、店頭にきのこがお手頃に、様々な種類並んでいるのを見ると秋を感じたりするのです。
芋煮会なども行われていますね。

さて、そんな秋の味覚キノコと合わせたいワインがゲヴュルツトラミネール。
「ゲヴェルツ」というのはドイツ語で、「Gewürz」つまり、香辛料とかスパイシーな、という意味で、単純にトラミネール、と呼んだりします。

涼しい夜にゆっくりと熟すことで個性が最大限に現れ、辛口ながら極めてアロマティックなワインです。

この品種は、現在はドイツの国境にほど近いフランスのアルザス地方で多く作られ、いろいろなタイプがあります。
すべて辛口表示ながらも、ライチのようなみずみずしい甘味を持ったものや、ミネラル感を全面に感じながら苦味を感じる辛口のもの、強い芳香を放ち、コクがしっかりとした味わいを持つタイプや、香り豊かな割に軽い口当たりで繊細な料理の邪魔をしないタイプなどが楽しめますよ♪

どんな品種も、シャトーや畑など、違った味わいを楽しみたいですね(^-^)

キノコは香りが豊かなので、華やかな香りのワインを合わせると相乗効果が生まれます。
ワインの味わいがまろやかで、果物のような香り、しっかりとした個性をもちながら繊細…そんなゲヴェルツトラミネールはキノコに合います♪
旬の食材、シンプルにバターソテーやゲヴェルツトラミネールの白ワインの酒蒸しなどで召し上がってみてはいかがでしょう?

トラミネールだけで楽しみたい方にはチーズとのマリアージュを!!

ドイツとの国境付近にあり、現在のドイツに当たる神聖ローマ帝国の領土だった歴史‥
ドイツとフランス2つの国にの間を行き来した土地‥
現在のフランス、アルザス地方の代表葡萄品種で、やや濃い色合いを特徴とし、強い華やかな香りと豊かな果実味と力強い味わいを爽やかな酸が引き締めてくれる味わいには、ウォッシュチーズの【マンステール】の相性が抜群。
名前の通り、熟成が進み過ぎないようにチーズの表面を水やアルコールなどで洗い、繁殖中の菌の強い分解力を調整するためにも、洗われて作られるチーズで、納豆を発酵させる菌と、ウォッシュチーズの菌は仲間なのです!
何となく味わいが想像出来そうですね(^^;


image-bd721.jpeg
(写真は当店でお求めいただけるトラミネールです)
posted by マスター at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | メルモンドワイン案内
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165041807

この記事へのトラックバック