2016年05月04日

会津のお土産にワインはいかが?

今年はゴールデンウィークが長い人は10連休、週の後半は天気に恵まれる、など旅行日和ですね。桜の季節は終わってしまいましたが、鶴ヶ城や飯盛山などは県外からのお客様がたくさんお見えです。
さて、知人・親戚の方へのおもたせに、御使い物に(又はたまたまブログにおいでの観光客の皆様)会津でのお酒のお土産と言えば真っ先に日本酒が思い浮かびますが、ちょっと一捻りして、今回はワインのお土産というのはいかがでしょう?

フルーツ王国福島、というくらい福島は様々な果物が取れますが、会津若松市の隣町、会津美里町の新鶴地区ではワイン用のブドウを栽培しています。
新鶴で採れたブドウは徹底した管理で収穫量を抑えて品質を保ち、スパークリングワインはシャルマー方式、スティルワインはオーク樽での熟成を経て出来上がります。

販売しているものは2種類、左がスパークリングワイン、右がスティルワインのシャルドネです。どちらも在庫ございます。
「新鶴のあわ」はトロピカルな香りとスッキリとした味わい、ミネラル感が特徴で、食事のマリアージュの幅が広がります。
「新鶴シャルドネ」は、オーク樽での熟成を経てワインとなった、しっかりとした骨格の辛口白ワインです。会津地鶏とのマリアージュがよく合います。

image-32a74.jpeg
posted by マスター at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | メルモンドワイン案内